ブログ

高齢者の嚥下障害のリハビリについて考える

人生100年時代に突入した超高齢社会を迎える日本国内において、高齢者等の筋力をキープするためのリハビリや体操が各方面で注目されているようです。足腰の筋力が衰えできますと、転倒や思わぬ事故に結びつくことが考えられますので、高齢者の筋トレは大変重要な要素として専門家たちも捉えているようです。最近の研究データによりますと、人間の筋力は90代でも改善するなどとも言われ、高齢者の多くに見られる嚥下障害なども、喉の筋力をアップさせるようなトレーニングを行うことによって誤嚥などのリスクを低下させているようです。お食事中にむせたり咳き込んだりする嚥下障害は、誤嚥性肺炎の原因とももなりますので、多くの介護現場などでは、毎日の口腔ケアに加え喉や首、さらには全身の体操やリハビリによって嚥下障害の改善を試みているようです。在宅介護をされているご家族さまに至っては、積極的に訪問歯科診療などをご利用されることが、嚥下障害へのリハビリや口腔ヘアなどの個別のご相談窓口となるでしょう。

Author Image
admin