歯科検診を年間スケジュールにプラスしよう

歯の痛みと共に歯医者さんに駆け込む人々の姿は数多く見受けられますが、治療が終わった途端に歯の検診から遠のいてしまわれる方は、常に同じことをローテーションしている可能性もありますよ。

虫歯や歯周病の治療は、一度治療が一旦終了を迎えても、虫歯菌や歯周病菌そのものがお口の中からなくなることはありません。毎日のデンタルケアによって虫歯菌や歯周病菌が減少することはありますが、全くなくなるということは考えにくいのです。

ですから歯周病や虫歯の治療が一旦終了したからといって、定期検診から遠ざかってしまっては、また同じ治療を繰り返す可能性も考えられます。

歯医者さんは、歯の痛みを取り除いてくれる専門医ではなく、皆さんのお口の口内環境を、日々観察し専門医としての観点からチェックしてくれる予防医療機関であるという考えを持つことが大切であるようです。

実際に歯医者さんでは、歯の治療だけではなくブラッシングのチェックや口臭チェックデンタルフロスの使い方などの指導を行ってくれてもおりますので、積極的に歯医者さんに足を運ぶとともに定期は診を試みながら毎日のデンタルケアについての相談を持ちかけることなども良いのではないでしょうか。

年齢とともに皆さんの口内環境は、日々変化しております。ご自身のセルフチェックとともに、専門医による歯の定期検診を年間スケジュールにプラスしていきましょう。

                

美味しく食べられる歯を守る>>>トップへ