歯科医「かかりつけ医」の選びかた

皆さんが虫歯や歯周病の治療を行う際、きちんと治療方針を説明してくれるドクター選びをなさっていらっしゃいますか。歯の治療をされる時には、どうしても周囲の音や治療中の痛みが気になってしまい、目をつぶりがちになってしまわれる方が多いようですが、治療を始める前に、どうしてこの治療が必要であるのか、また皆さんの口内環境のバランスがどういった状況であることから虫歯や歯周病の治療が必要とされているのか、といったようなきちんとした治療方針や計画をわかりやすい言葉で話してくれるドクターをきちんと見極めることが「かかりつけ医」選びとしては大切な要素となってきます。歯医者さんに行かれた際には、どうしても治療に対する緊張感などから、うまくドクターとのコミュニケーションが取れないという方が少なくないようですが、場合によっては保険適用外の治療を行う可能性が高いのが歯の治療でもあります。1つひとつの治療がどのように行われ、どうしてこの治療を行うべきであり、現在どういった状態であるのかといったような患者さんにとってきちんとしたコミュニケーションを取ろうとしてくれるドクターを「かかりつけ医」として選びましょう。ドクターとのコミュニケーションを考える以前に、治療技術の評判や手際の良さを優先されるという方もいらっしゃるかもしれませんが、歯医者さんは何よりも治療をする場所ではなく、歯の健康を保つ上での予防術を相談しに行く場所であるといったような考えを持つことが、歯医者さんの「かかりつけ医」としての見極め方につながってくるのかもしれません。

                

美味しく食べられる歯を守る>>>トップへ